« 黒酢の栄養分について | メイン | 玄米もろみ黒酢【サン・プロジェクト】 »

えがおの黒酢【えがお】

“えがおの黒酢”は、日本で初めて黒酢づくりの技術が伝えられた地・鹿児島県福山町で、職人さんたちが丹精こめてつくり上げた黒酢を使用しています。

口コミや通販で安定した人気のある“えがおの黒酢”は、「黒酢の郷」といわれる福山町で、「夏涼しくて、冬は暖かい」という恵まれた気候のもとでつくられています。

黒酢づくりに欠かすことができないシラス台地の澄みきった天然水、じっくりと熟成させるためのアマン壷、そして、黒酢を生き物として大切に扱う職人さんの技術が重なり合い、風味ゆたかな黒酢にできあがっています。

“えがおの黒酢”は、ミネラル豊富な丸玄米を原料にしているうえに、黒酢をつくるときに出る『もろみ(熟成中に壷の底に残る沈殿物)』を配合しています。

『もろみ』には、黒酢に溶けきれなかった栄養分もそのまま残っていますので、『もろみ』を配合することによって、より多くのアミノ酸やミネラルを摂りいれることができるのです。

さらに、吸収しやすくするために大豆ペプチドも配合し、より豊富なアミノ酸を摂取できるようにつくられていますので、一般の食酢と比べ、およそ120倍ものアミノ酸を含む“えがおの黒酢”が生まれました。

また、血栓を溶かす効果のある納豆キナーゼ(納豆菌培養液を高濃縮して粉末化したもの)を配合して、「黒酢」の持つ血液サラサラ効果をより効果的なものにするなど、健康づくりへのこだわりがギュッと詰まった商品になっています。

“えがおの黒酢”は、1日2粒を目安に飲むだけという手軽さで、あなたの大切な健康を守り、ダイエットの心強いサポート役になってくれますよ。

About

2009年04月06日 13:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「黒酢の栄養分について」です。

次の投稿は「玄米もろみ黒酢【サン・プロジェクト】」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。