« お酢と黒酢の違い | メイン | えがおの黒酢【えがお】 »

黒酢の栄養分について

健やかな毎日のために、また、健康的なダイエットのサポートに大人気の「黒酢」には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。

「黒酢」のカロリーは100gあたり20kcal前後で、脂質は0gか、含まれていてもごく微量です。毎日、定期的に摂り入れたい「黒酢」ですから、低カロリーで脂質の心配のない点は、健康食品としても大きなメリットですね。

「黒酢」が“健康維持やダイエットに良い”と言われる理由は、主に、豊富に含まれている「アミノ酸」と「クエン酸」にあります。筋肉、脳、内臓、血液、皮膚、毛髪など、体の主な組織を構成しているのがタンパク質で、そのタンパク質を構成する最小単位が「アミノ酸」です。

合計20種類ある「アミノ酸」は、それぞれが脂肪の吸収を妨げる、脂肪燃焼を促進させる、体内にある余分な水分を排出させるなど、脂肪に働きかけてくれるので、ダイエットに高い効果が期待されています。

また、アミノ酸は、古い細胞を新しい細胞に変えるヒト成長ホルモンを分泌させますので、ダイエットと一緒に、若がえりも期待できますよ。

「黒酢」から得られる健康面のメリットといえば、やはり“血液サラサラ効果”です。血液がサラサラで循環が良いということは、老廃物をすばやく体外に排出してくれるほか、体のすみずみまで栄養分が運ばれるので、美肌づくりにもつながります。

「クエン酸」は、体内に疲労物質が溜まるのを防ぎ、疲労回復を早めてくれます。さらに、余分な脂肪をエネルギーとして燃焼させる手助けをしたり、自然治癒力を高めて病気にかかりにくい体づくりに役立っています。

About

2009年04月03日 13:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お酢と黒酢の違い」です。

次の投稿は「えがおの黒酢【えがお】」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。